waterslide records」タグアーカイブ

DISTRO 新入荷 eleventwelfth “eleventwelfth” / CD

今インドネシアが熱い!
と言う事でインドネシア・ジャカルタから最高のトゥインクルエモ/インディーロックバンドeleventwelfth(イレブントゥエルフス)のフルレングスCDが日本国内盤Waterslide recordsよりリリース!事前に情報チェックしていた人は試聴やMVなどで確認済みだと思うのですが、これがまた何も知らずに聞いていると完全にフィリー系のUSエモバンドだと思ってしまう位の完成度。素晴らしいです。
元々は二人編成で2014年に活動開始、すぐに同調したメンバー一人が加わり3ピース体制へ。そして2014年から2015年の間にデジタルリリースされた3曲の楽曲がインドネシア国内では瞬く間に話題となりRVIVRを始めとして現在インドネシアをツアーする海外バンドのサポートに抜擢されるようになっている。
特徴ともいえるキラキラとしたトゥインクルギターと流れるようでいて涙腺を緩ませるメロディーは所謂エモリバイバル・インディーロックファンの琴線に触れるだろう。さらに2曲収録されているインストナンバーは彼らが敬愛するtoeからの影響を確実に映し出している。他にも彼らはmalegoatをフェイバリットアーティストに挙げている。
INTO IT. OVER IT. / american football / toe / malegoat / falls辺りを好きな人は間違いなく気にってくれる1枚だと思います。

DISTRO新入荷(旧譜) WILD ANIMALS “BASEMENTS: MUSIC TO FIGHT HYPOCRISY” / CD


WILD ANIMALS “BASEMENTS: MUSIC TO FIGHT HYPOCRISY” / CD 1500yen

TURNCOATでサポートさせてもらったスペインのバンドだ!って言わずもがな。ツアーの余韻は続いていますか?って事で、ツアー中や通販ではWSレーベルで対応していましたが自分の街でもやはりの事で気にしてくれている人もそれなりにいるのでそんな愛すべき人へ入荷しています。通販ではなくて現場での動きっていうのも大事にしてもらえればなと思いますのでよろしくお願いします!

スペインの男女混声アナーコメロディックパンクWILD ANIMALSの1st albumがwaterslide recordsよりリリース(2016)。EPを経て待望の1stアルバムですが、蒼く切ないメロディにバーストするエモーショナルギター、それはSUPERCHUNKやDINSOUR.jr等の影響を見せ、もちろんのことJAWBREAKERへの愛もしっかり感じさせるものだ。前身バンドがHARDCOREアプローチだったことも影響してかライブでは「ライブ」をしっかり体感できるかのステージ、これをきっかけにまだまだ人気も上昇中ですので是非チェックを!

歌詞・対訳付

HIGLEY “That’s not me” / CD


HIGLEY “That’s not me” / CD 1500yen

CHRIMPSHRINEとスプリットをリリースしていることでカルト的人気を誇る80年代後期~90年台初期に活動していたDESCENDENTS/ALLチルドレンG-WHIZのKevinとGregとDuaneに、そしてこちらも90年代メロディックファンにカルト的人気を誇ったDESCENDENTS/ALLチルドレンFUN SIZEのボーカリストJames(他にもRIVER CITY HIGH、POSITIVE NOでも活動してた)、さらにPOLLEN、THE ATARISで活動していたBob Hoagが現在進行形で合体したのがこのHIGLEY。レコーディング3曲を終えた時点でBob Hoagは残念ながら脱退してしまいましたが、残りの8曲は奇跡が起こりG-WHIZと90年代はツアーをしており窮地の友人関係にあるDESCENDETS/ALLのBill Stevensonがドラムを叩いくという奇跡が起こったすさまじい豪華なメンツの新バンド!満を期しての1stフルアルバムはDESCENDENTS/ALLファンは発狂もんのもろにあのサウンドです。
DESCENDENTS/ALLのサウンドが好きなら「ALL…?」と思うほどの極上サウンドで絶対気に入るメロディーの炸裂です。 全12曲収録。

DISTRO新入荷 PHOENIX FOUNDATION “Closer”


PHOENIX FOUNDATION “Closer” / CD 1200yen

FINLANDのサッド&バーニングメロディックパンク、PHOENIX FOUNDATIONの7作目となるニューアルバムがWaterslide recordsよりリリース。初期はManifest Jukeboxの弟分的な感じの攻め方でバーニングしていましたが、リリースを重ねるごとに一転、陰りの強いバンドへと変貌を遂げてきました。これぞ「渋み」「哀愁」と言わんばかりにじっくりと深い所へ入り込んでくるような。そしてその方向はメンバーが別でやっている1981へも通じるところあり、そしてその交友関係もあってか日本ではハードコアファンからの支持も熱いという何とも魅力的なバンドへと変化していくわけであります。今回は2017年1981の日本ツアーもありってことで急遽国内リリースもツアーに合わせ発売という進みになっているようです。
サッドメロディック、UKメロディック、エモ、ハードコアファンには聴いてほしい作品となっています。
また過去のリリースは現時点で確認してるのはNO LOVE LOSTのLPとSnuffy SmileからのCDのみ在庫がありますので、そちらもどうぞ。

WILD ANIMALS / TURNCOAT tour2017

もう一月をきってますね。各地の詳細も出そろってきているのでWATERSLIDE同様こちらもまとめています。
チケット予約もここでも各会場の分、受付大丈夫ですので、問い合わせ窓口よりよろしくお願いします!

そして予習用にはこちらを。CDもまだ在庫あるようですので気に入った方は是非!

まずは初日東京

4/5(水)下北沢 Three
WATERSLIDE企画 “LIVEAGE Vol. 72”
OPEN 19:00 / START 19:30 ADV 2000 / DAY 2500
WILD ANIMALS(スペイン)
TURNCOAT(四国)
SHIPYARDS

二日目は名古屋へ
4/6(木)名古屋 鶴舞Daytrip
HAYASICKBOY企画
OPEN 19:30 / START 20:00 ADV/ DAY 2300(1drink込)
WILD ANIMALS(スペイン)
TURNCOAT(四国)
POVLACION(三重)
NAVEL

三日目は岡山

4/7(金)岡山 Crazy Mama 1
“NOUP PARADE!”
OPEN 19:00 / START 19:30 ADV 1500 / DAY 1800
WILD ANIMALS(スペイン)
TURNCOAT(四国)
Excuse To Travel(京都)
MASSGRAVE
BOMB KETCH
THE NOUP

四日目は徳島

4/8(土)徳島 Crowbar
Vespers企画
OPEN 17:30 / START 18:00 ADV / DAY 2000
WILD ANIMALS(スペイン)
TURNCOAT(四国)
BIG CITY(岡山)
Vespers
bows
THE ABSENTS

そして五日目のファイナルは大阪、こちらスタートも少し早めとなっていますので周辺のライブもはしごしつつ是非!

4/9(日)大阪 火影 「ツアーファイナル」
YELLOW KNIFE企画
OPEN 16:30 / START 17:00 ADV 2000 / DAY 2800
WILD ANIMALS(スペイン)
TURNCOAT(四国)
AKKA
マサカリ
FIVE NO RISK
THE BRYAN
Diskover

各地好メンツに囲まれていて、本当に感謝しかありません。企画して頂いているバンドの皆さん、出演者の皆さんお世話になります!
5日間ではスペイン語は理解できないと思うのですが、持ち前の簡単英語でぶつかってみます。久々の連荘ライブなんで気合入れていかないとと豆腐メンタルに言い聞かせてます。まだまだ前進しますよ~!

Release! TURNCOAT/OFF SEASON split Flexi

turncoat
offseason

TURNCOAT:OFFSEASON split FLEXI 2枚組 / 1500yen

お待たせいたしました。何とかプレスも無事上がり11月中の発売にこぎ着けることができました!これも多忙の中最後の作業スムーズに進めてくれたWaterslideのお陰ですね!カズさん改めてサンクス。どちらも渾身の3曲を収録しているはずです。MVがあるからかDEEP BLUEのイメージが先行してるかと思いがちの我々ですが、今作は比較的POPな曲揃いかと思いますので、期待を裏切ってたらすみません。
なんつっても先行MVが最高だったOFF SEASONを聴いてほしいっすよね。これにてメンバー脱退してしまった音源なのですが、いやいや終わりを感じさせない内容だと思いますよ。ホーンもいい感じにね!12月には新体制での復帰ライブもあるみたいなんで期待大です。そんでもってこの音源、まさかのFLEXI二枚組になってます。今日WSのtwitterで写真見たい人もいるかと思うのですが現物到着楽しみにしておいてください。これ、この価格では結構厳しいと思うので、バンドもレーベルもリリースに対する愛だなと思ってます。噛みしめてやってくださいませ!
店頭VEGRECAでは明日から販売開始します。ライブでは今年12/4の企画の時が最後になりますんで残りは通販のみとなりますが、良かったら他の音源なんかと一緒に買ってもらえると嬉しいです。また新着もUPしますが、地味に良いもの置いてますんでよろしくお願いします!
先日告知したTシャツもオーダーお待ちしております!

以下、レーベル告知
お待たせしました、ついに情報解禁です!俺もTURNCOATも超待ったwww 四国の男女混声トリオTURNCOATと沖縄の4人組offseasonによる両者新曲3曲づつ収録の音源をリリースします!本来はBROCCOLIの来日ツアーの下北沢から先行リリース予定だったような。。
TURNCOATの3曲はすでにライブで聴いている人も多いと思いますが、ミニアルバムの延長線上にあるエモい極上のメロディックナンバー3曲収録!メンバー3人のそれぞれの個性が出た3曲だと思います。1曲目”The End Won’t Come”はサビから始まる大合唱必至なサブちゃん節炸裂!ギターのフレーズが半端無く耳に残る。続く”Still Trust You”はキョウヘイのベースから幕を開けるアップテンポでダンサブルなリズムに自然と体が動いちゃうんじゃないでしょうかね。大サビは全員合唱よヨロシク!そしてラストはキヨミちゃんメインボーカルのガールボーカルメロディックファン即死の曲!JAWBREAKERからLEMURIAといった現在進行形のUSシーンと真っ向勝負出来る最高の楽曲連発!これアルバムどうなっちゃうんだろうか。ワクワクでしかない!
そして沖縄発の4人組offseason、アルバム以降ひっそりとしてたように感じるかもしれませんが、残念なことに今作はこの4人のメンバーでの最後の録音となってしまいます。ギターの立津くんとベースの福冨くんが残念ながら卒業しちゃうのですよ。しかししかしですよ、1曲目”uperarm”の緊張感半端ない!解散かと思うくらい悲壮感のあるナンバーです(注:解散はしない)。ターミーのオフキーボーカルも一段上のレベルにあがったんじゃないのか?!速くこの曲をライブで聴かせてくれよ!続く”kitchen counter”は、まさにoffseasonな脱力感溢れる愛すべきエモナンバー。そしてツインクルなギターが全編支配する”hello,again”。全曲合唱できるポイントあります。いやさー、こんな良い曲演ってるんだからライブもっとやろうよw
MVは両バンドともMINUS VIDEO制作でそれぞれのバンドの持ち味が出てる素晴らしい作品に仕上がってます!もちろん今作もmostoffとの共同。完成まで今しばらくお待ちください!

Release! TURNCOAT

rgcmopns
長らくお待たせいたしました。本日より告知解禁、リリース発表しました。ライブではもうMCなんかでリリースについて触れていたのでご存知の方も多かったかと思います。随分前から言っていたので「いつやねん!」っていう感じでもろもろの作業ペースがゆっくりになってましたが、今回リリースはSPLIT。TURNCOATとしては初SPLITです(強調するとこでもないか)。相手は沖縄のOFF SEASON。過去にリリース色々ありつつimpulse recordからのオムニバス、御馴染みmostoffより名作TAPE、そして特殊ジャケットもビックリのアルバムと続いていたんですが和製Cap’n’Jazz~ALGERNON CADWALLADERに沖縄節も感じさせるメロディに日本語詞。引き込まれること必至なサウンドでたまらんのですが、今回はレーベルメイツってこともありレコーディング時期が一緒頃だったので折角なら一緒になんか出してみたら面白いかもなってのもあってこういったリリースにつながりました。リリース形態は7インチ Flexiで200枚限定のようです。今回はCDでの再販ありませんのでお早めにGETしてやってください。リリースレーベルは同じくwaterslide/mostoffからとなります。カズさん、ミソ君most offのみんなありがとうございます!
FNDというかここでも事前の予約受け付けることは可能ですので問い合わせフォームや個人的なメールSNSなんかでも大丈夫です。お気軽に問い合わせください。

リリースに関してのトレイラーがMINUS VIDEOより公開されています。今回は色々都合もあり一曲フルでのMVはありませんが、製作はMINUS VIDEO、前作までの同様のタッグで今回はジャケとトレイラー制作に関わってもらっています(thanx!)。OFF SEASONサイドは1曲フルでのMV公開していますのでそちらもチェックしてみてください。曲と映像が良い感じにマッチしてるんですわ。沖縄に遊びに行ったのは修学旅行だけなんでまたこの年で行くと色々感じることも違うだろうな。沖縄行きたいなってなるMVです。余談ですがMINUS VIDEOからは先日現体制での活動休止を発表したinfroの最新MV「今が君の思い通りに」も公開されてます。往年のinfroファン号泣もんの泣き泣きバースト節炸裂ですんでこれ聴いて燃え上ってください。

合わせてTシャツ作ろうと思っています。今回は2色プリントでジャケの感じも混ぜつつといった内容になってます。ここで予約受付しつつになるのかを今調整中ですので改めてTシャツ販売のページは別で告知します。参考までに。
kd5uorvz

Broccoli Japan tour 2016

少し前にFixing a holeからツアー日程発表されましたね。やはり各地好きだったであろう人たちが名を連ねるんだろうなと思っていますが、我々TURNCOATは東京編に出演いたします。この日は出演者もWaterslide関連で固めた感じでWSサミット感出ています。バラエティにも富んでいると思いますので何を目当てに見に来ても楽しめる一夜ではないかと。勿論メインのBROCCOLIはまさかの復活で涙もんですが。
当時はUKメロディックと言われるもの聞きまくってましたがSNUFF,LEATHERFACE,BROCCOLIは別格か…。徳島まで下道でライブを見るための往復路、ホントよく聴いていたんすよね。LTNO以降のグレアムの動向とかやはりずっと気にしてました。会って話すようになってから「またやらないんですか?」みたいなことはありえないだろうから聞いた事もなかったけどこうやって話もらえると嬉しいッス。まだ聴いたことのない人も是非これをきっかけに再び当時のUKメロディックもの聴き直したり、そこから現行のバンドを探すきっかけになったりすれば良いなと思います。良心的なレーベルのお陰で再発が手に入り易くもなってきているので、高値で中古盤探さなくても物は手に入りますしね。シルバーウィークで来日バンドも多いかもしれませんが、この日は都合つけて下北沢BASEMENTBARへ!宜しくお願いします。
BROCCOLI

WATERSLIDE RECORDS presents “LIVEAGE Vol.69″
with BROCCOLI JAPAN TOUR 2016
9/17(土) 下北沢 Basement Bar
OPEN:16:30(予定)START:17:00 ※OPEN/START時間は予定です。変更の可能性があります。
前売&予約:2800円 当日:3500円
with
TURNCOAT (四国)
FELIX! (札幌)
shipyards
Filthy Hate
falls
slugeermachine
DJ: CHEERS 1号(CHEERS PUNK ROCK RADIO)
でございます!
前売チケットの予約は
前売り予約(メール受付分): pre-order@watersliderecords.com
予約の際はメールに下記情報をお願いします。
・予約希望会場「」
・名前フルネーム:「」
・連絡先電話番号:「」
・枚数:「」
必ずこちらからメールで返信しますので、返信が来ないという方は携帯やご利用のメーラーのドメイン設定を確認して下さい。また当日入場規制する可能性ありますので予約後のキャンセルの際はご連絡お願いします。
電話または直接:下北沢 Basement Barへ

broccoli_flyer_big-683x1024