通販」カテゴリーアーカイブ

DISTRO新入荷 THE NOUP “Flaming Psychic Heads”

岡山のTHE NOUP、待ちに待った渾身の1stアルバムがリリース。
当初の予定では1年ほど前にはリリースされていたのではないかと思うのですが、先日のDOMMUNEでも公表されていたようにジャケットを担当されていたDOMMUNEの宇川直宏さんの素晴らしいジャケットワークに少し時間を取られたのかも知れない。しかしながらその完成度はすさまじいものとなってリリースされたのであった。是非これは手に取って、歌詞カード1面広げて見て欲しいのと、ジャケットの方もデジパック3面広げて見て欲しいです。
「THE NOUPとしてこれまで作ってきた曲群をアルバムとしてまとめる際、音の中で常に探り続けてきた、根底に眠る意識を“開く”イメージを視覚的にも表現したいと思い~」というメンバーの思いもこの完成作品を見れば納得の一言。
そして肝心のサウンドの方?そんなのは軽くジャンルを飛び越えてますね。クラブ・ミュージックを通過したオルタナティヴなロック・サウンドを打ち鳴らす新世代バンド、癖になるベースに反復するリズム、不穏にも突き刺さるギターサウンドに駆り立てられる焦燥感。
ジャーマンサイケ/クラウトロックからの多大な影響にニューウェーブ、ポストパンク、オルタナ、ハードコア的な要素も組み込んだサウンド。まだまだ深化し続ける過程の作品、是非とも必聴です!

【先着特典:プレス盤CD (アルバム未収録音源「Geodesic」収録) / ジャケット・デザイン・ステッカー封入)】

曲目:
1. Noup Parade!
2. Utopia
3. Flowmotion
4. Monochrome Dead
5. Impotents Anaaki

THE NOUP
2013年より現メンバー岡田高史(vo, dr, syn)、矢野駿典(gt, per)、清原基之(ba, syn)で活動開始。
楽曲は主にパルス調のギター、反復する硬質なドラムビートとベースから構成され、そこに囁きかけるかの如きボーカルが加わることで、独特のドライブ感を持ったグルーヴを作りあげる。
最近ではアナログシンセサイザーを導入し、ダンス・ミュージックというカテゴリーではない、よりポリリズミックでミニマルな楽曲も演奏している。
自身のイベント《NOUP PARADE!》を岡山でコンスタントに企画しながら、これまでに3つのカセットテープ、2015年に7インチEP「PARADE!」を自主リリース。2017年には〈Call And Response records〉主宰のコンピレーションCDに参加。
2018年5月16日には1st album『Flaming Psychic Heads』をリリース予定であり、アートワークはDOMMUNE宇川直宏が担当。

http://thenoup.com/

LIVE! TURNCOAT 6月

6月は自主企画あります。今回はBOYS ORDERの昨年末にリリースされた名盤”DO THE WILD CAT”のレコ発です。
大阪で見たライブは4人編成最後の時だったかと思うのですが、ライブでのインパクトが強烈なうえにすぐに耳に残るきらめきPOPサウンドがたまらなく素敵でして。終演後もメンバーと話して急接近ってな感じでその後も色々話していくうちに、やはり星空JETTでレコ発、やって欲しいなという気持ちもあり実現に至りました。抜群にハマるシチュエーションですので、是非とも見に来て下さい。そしてその渾身の1stアルバムもまだ取り扱っております。CD/LPともに在庫ありますので試聴して良いなと思ったら是非とも現物を手にしてください。ジャケットワークも内容とマッチするかのPOPアートな感じになっております。それでは6/10迄の一月、要予習だ!

6/10(日)@松山星空ジェット
“Frustration Never Disappear”
BOYS ORDER(大阪)
TURNCOAT
NOW
汚J
SOMEHOW

DJ VOOSE
18時オープン・19時スタート
チケット1800円+1drink

DISTRO 新入荷

DEBAUCH MOODからリリースされた2作品とIMPULSE RECORDからリリースのLook at momentをカートに上げていますので気になった方は是非よろしくお願いします。
DEBAUCH MOODからはTHE BECAUSEのLPとBALLADMENのLP、THE BECAUSEは唯一残したアルバムがリマスタリングされてLP化。当時の大人気っぷりはご存知の事かとも思いますが、これを聞くと改めて良さが分かるよね。DRIFTAGEで何度も一緒にライブしたのはいい思い出です。J-CHURCHとのツアーは忘れられないし、一緒に出した4way”as time goes by”も楽しい想いでだった。

でもそこで終わらせて、次なるPUNKの形を出してきたのがBALLADMENで今までの7インチリリースで後期THE BECAUSEからの流れをみるのだけど、待望の1stアルバムはこれまたPUB ROCK。カントリー、JAZZ等、その後に自然とインプットされたであろうものとルーツが見事にイメージと相まっている。情景浮かぶ楽曲はダンスさせてくれる。何が他に必要か?って。小難しい話ではなくで納得させる音が詰まっているアルバム。これまた必聴!

もう1枚は香川の若きエースLook at momentの新音源。1st.ミニ・アルバム”Moment”、そして4Way Split ”Doors”(W./WAKAMIYA, THEOREM, KOYA収録)を経ての2nd.ミニ・アルバムとなる”All the Pupa”。
スリリングな展開やソリッドな音、緊張感漂う雰囲気はライブを見たことある人なら納得の仕上がり、いや、それ以上か?の内容。今レコ発ツアーで各地を回っている彼らのライブは進行形の今だからこそ必見。各地にトゥインクルエモ的なものが多く産まれている中、やはり骨太なサウンドを鳴らすバンドも聞いて欲しいし信頼できる音がそこにもあるのではないかと思う。これからの企画も含め今後の展開にも要注目な四国のバンドです!

RELEASE! TURNCOAT “A Tribute To Broccoli – R.S.V.P (2CD)”

単独作品ではありませんが、Broccoliのトリビュート作品に参加しております。レコーディングは来日前だったのですがリリースが少しくれたようでようやくのリリースとなります。当時よく聞いた方も後から知った方も、オリジナルと聞き比べて楽しい作品になっているのではないかと思います。参加バンド数も国内外合わせ38バンド、若手からベテラン勢までと言った面白いラインナップです。一般店頭発売は3月ですので、早めにゲットできると思います。また入荷次第カートに追加しますので是非とも聞いてやってください。

3枚の再発盤、2016年の来日も大成功だったBroccoliのトリビュートをFIXING A HOLEよりリリース!参加バンドは日英を中心に重鎮から若手の新鋭まで凄腕を揃えた38バンド!バンドとカバーした曲の一覧は以下の通りです。

Disc 1
01-Cradle To Grave – 100 Days And Counting
02-Vanilla Pod – PR Exorcise
03-Fatman Seminar – R.S.V.P.
04-Big City – Neglect It
05-Hyalin – Constance
06-Honcho Tiros – I Am A Robot
07-Headsparks – Cherry Drop Club
08-Panic Attack – Lean
09-Sanhose – Weltschmerz
10-Shake Your Halo Down – All Smiles
11-Outwards – Well Wishing
12-Modern Gooddays – 10 Journey Trousers
13-The Corpse – Chestnut Road
14-Protectors – Broken
15-Chestnut Road – Fido
16-You Yell Barracuda – Television
17-The Shout & Shimmy – Crackle Song
18-Semi – Blue
19-Angry Nerd – How We Laughed
20-Water Closet – Da-a-a-ance

Disc 2
01-Navel – Weltschmerz / Broken
02-The Kimberly Steaks – Chestnut Road
03-Short Straw Fate – Jamaica Street
04-Southpaw – Sown
05-Sun Tan Lake – Crackle Song
06-Middle – The Tens
07-Cows – Lean
08-Ronna Myles-Era – How We Laughed
09-The Hum Hums – I Am A Robot
10-Egotrunk – Short Straw Fate
11-The No Marks – R.S.V.P.
12-MOL – Fido
13-Little Factories – All Smiles
14-Die Communications – PR Exorcise
15-Yard End Robinson’s – Cherry Drop Club
16-Bows – Constance
17-Turncoat – 100 Days And Counting
18-Simon Wells and Carol Hodge – Well Wishing

2200円(+税) 二枚組CD

Distro 新入荷

入荷予定です。細かいレビューはまた後程ですが、明日、明後日には恐らくLEMURIAの新しいLPと7インチが届くのではないかと思います。お楽しみに!

そして四国は徳島よりメキメキと力を付けていっているBOWSがwaterslide recordsとBrassneck recordsとの共同リリース。こちらも到着次第販売開始いたしますのでよろしくお願いいたします!

その他いろいろ入荷しております新作や旧譜再入荷等は更新をネットショップかツイッターの方で更新しています。忙しさにかまけてこちらをおろそかにしていますが、実際はそこまででもないのでご利用お待ちしております!

https://fndvegreca.theshop.jp/

DISTRO 入荷 ”Gremlin 1st e.p / CD”

Gremlin『1st e.p』¥500

1.But I Remember Your All
2.Midnight Late Show
3.Hope
4.Layra

先日の高松のライブでもみんなの度肝を抜いた個人的にもグランプリか?と思わせるライブだった徳島のGremlinの4曲入り音源を入荷致しました。3ピースで、メンバーにはTHE MAD WIFE/SILVERWIGSでドラムを叩いていた佳樹がドラムって事で、そこはライブ見たことある人なら期待してしまう感じでしょうね。そして肝心の音はというと現在進行形のエモリバイバルに影響受けてる感じだけどもメロディックパンク好きな人にも聞いて欲しいし気に入ってもらえる内容だと思います。ライブも大注目です。フェイバリットバンドはalgernon cadwallader
だったり、最近の要注目なバンドもチェックしている辺り、まだまだ今後も躍進が期待される存在です。日本語詞も上手く使ってるところoffseasonと一緒にライブやって欲しいな。

“TO FUTURE” FREE ZINE ISSUE 11 入荷

“TO FUTURE” FREE ZINE ISSUE 11
今年の分、入荷しています。FREEなのでこれのみの通販は対応いたしません。買い物と一緒にという方は備考で付け加えてもらうか、問い合わせ欄、直メールなどで対応いたします。被爆者の平均年齢も上がってきて80代後半かな。生の声も聞けなくなっていく時代、語り継ぐための手段、そして自分らができる事の確認であったりってのにはつながるのではないでしょうか?バックナンバー含め目を通してほしいジンのうちの一つです。今号は「この世界の片隅に」の作者でお馴染みの「こうの史代」さんのインタビューもあり内容、かなり濃い目で充実しているなと思います。

インタビュー (敬称略 順不同):
●こうの史代(漫画家、この世界の片隅で、夕凪の街、桜の国作者)
●佐久間邦彦(広島県原爆被害者団評議会理事長-佐久間被団協-)
●宇佐美雅浩(写真家、早志百合子 広島 2014)
●石井麻木(写真家、311からの手紙/音の声)
●山田英雄(チェルノブイリ医療支援ネットワーク)
●坪井直(広島県原爆被害者団評議会理事長-坪井被団協-)
寄稿(敬称略 順不同):
●KATSUTA(TOKYO HARD CORE PUNK)
●細美武士 (HIATUS, MONOEYES, LOW-ATUS)
●ガル憎(パチスロライター, ギチ)
●小松雄二郎(BLACK MEANS)
●鶴屋団紅(切腹ピストルズ)
怒りのヒロシマ・広島の継承(敬称略 順不同):
●卯城竜太(chim↑pom)
●茂木洋晃(G-freak factory)
●うっちー(Dr.Breaker)
●伊藤雄和(OLEDICKFOGGY)
●神鳥孝昭 (STEREO RECORDS. EIGHTSIX)
●佐藤茶(ガンフロンティア)
●KO (SLANG)
●横山健(ken yokoyama)
●東琢磨
●ジュン・グレイ(ken yokoyama バンド)
●岸田哲平(写真家)
●後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION、THE FUTURE TIMES編集長)
●SHIN(GAUZE)
●ISHIYA (FORWARD, DEATH SIDE)
●タテタカコ(歌手)
●NOBU(DEEPCOUNT)
●YOSHIA(RADIOTS)
●片平里菜(歌手)
●本間遊(VOLKIN)
●谷ぐち順 (LESS THAN TV)
十代からのメッセージ(敬称略 順不同):
●ズーカー
●あらた
●ひびき
●鹿瀬水琴
●谷口共鳴
A5サイズ白黒 全64P

TURNCOAT ” Under the streetlight, Swarming insect” / CD

2013年にリリースされた2nd albumです。一時在庫切れしていましたが、某所にて少しあったものを回収いたしましたのでこの機会に買い逃していた方は是非ともよろしくお願いします。個人的にも思い入れあり好きな楽曲群です。今でも演奏している曲が多々収録されています。
たかが4年前といえども、この頃一緒にライブをしていた人もやめちゃったりってのがありますね。少しづつ環境が変わっていってるのも確か。自分にとっても今を再確認しつつ前に進んでいくための大事な1枚。

DISTRO 新入荷 PEAR OF THE WEST “Mellow” / 7inch

発売されてから記事を上げていませんdした。すみません…。
というわけで、周囲の反応も良い感じで更には新たなリスナーにもガンガン届いていっている感じが紛れもなくこのシングルの最高さを物語っているのではないでしょうか?至極の2曲を詰め込んだ国内最高峰GIRL MELODIC PUNK”Pear of the west”この夏必聴のバンドでございますので是非とも7インチをゲットしてくださいませ。
各地でのリリースツアーも徐々に決まっているようです。お近くに来た場合はスケジュール合わせてライブも行った方が良いですよ~!

またこれに伴い過去の作品をまとめたものが配信決定されました!詳しくはレーベルインフォ引用しましたので参考に。過去の名曲たちも遡っても色あせてないほどにカッコいいです。

今回の”Mellow”7inchiリリース記念にて、廃盤した29曲入りCD “Passed Out The Wasted”全曲に加え、未収録曲「Catch the Moon」と「The Songs Of My Tune Acoustic Version」2曲を追加して全31曲を7/12配信開始。
福岡のPROOFとのsplit7inch、廃盤した1st ALBUM “THIS MEANS LITTLE RESISTANCE AND THE PROOF OF MY EXISTENCE” の全収録曲、SNUFFY SMILESから2枚のオムニバスCD収録曲(CIGARETTEMAN 、LEATHERFACE cover)、単独7inchi “STUPID GAME”と活動休止からの復活になった単独7inch、2008年リリースのLEFTY LOOSIEとのsplit 7inch、福岡のSTAND RECORDSのオムニバスCD収録曲、北九州の1000 TRAVELS OF JAWAHARLALとのツアーに合わせて製作された入手困難なスプリット・テープを収録の廃盤した “Passed Out The Wasted’+2″ 全31曲をiTunes store、Spotifyなどの配信サイトで一斉配信開始します。
【配信先一覧】
itunesStore,AppleMusic,amazonmusic,amazonPrimeMusic,レコチョク,LINEMUSIC,mora,Spotify,kkbox,music.jpStore,ORICON,うたパス,MediaDo,GooglePlayMusic,AWA,SMARTUSEN,mysound

DISTRO新入荷(旧譜) Gofish “とてもいいこと” / CD

7inchリリースに合わせ旧譜も入荷しています!こちらも名作3rdアルバム「とてもいいこと」
コントラバスの低音と寺井さんの声の対比が気持ち良い所に、ゆすらごでお馴染みの黒田さんのチェロが華を添える。3人のアンサンブルがとても素晴らしく、自然体でいて会話をしているかのような音楽。すっと耳から体に入り込んでくるような音楽はGofishならでは、NICE VIEWがありGofishがある必然を感じさせる楽曲には是非触れて頂きたいなと思います。

弦楽二重奏に浮かぶ静けさのシンガー・ソングライター
テライショウタ=Gofishの嘘のような本当の音楽

 はじまりはコントラバスとチェロとアコースティック・ギター、そして木訥としたテライショウタの歌声。どこか飄々とした軽み、温かみさえある室内楽タッチの「そらのかけら」で幕を開けるGofishのサード・アルバム『とてもいいこと』が完成しました。

「ふたつの月」をピークとしてゆっくりゆっくり深度を深め、時折息苦しいほどに明度を落とす瞬間を経ながら、しかし、最後にはいつものように背中で手を振り、ひとり来た道を帰っていく…。『とてもいいこと』の妙味は、例えばそんなところにあります。

 前作『あたまのうえ』(コンペア・ノーツ)に続き、録音・ミックス・コントラバスに稲田誠(ブラジル、PAAP、バイクモンドほか)、そして、チェロに元細胞文学、現ゆすらごの黒田誠二郎を迎え、さらにドラムに山本達久(M4)、また、オルガンのドローンでAsuna(M6)も参加。特にストリングスのアレンジを分け合う稲田・黒田とのトリオは、もはやひとつのバンドと言えるほど。それぐらい、このトリオでの楽曲には特別な輝きが備わっています。

 弦楽二重奏+シンガー・ソングライターというありそうでなかったトリオ編成の曲にも、語りかけるような歌い口が浮かぶフォーク・マナーの曲にも、さらにNICE VIEWでのテライショウタの姿が背中合わせに感じられる極限までのロング・ブレスにも、そのどれもに過度な装飾をひかえ、奇をてらわず、しかし目をそらさず、真っ直ぐ真っ直ぐに目標を見据え射抜いていくどう猛さのようなものが実は息をひそめているのです。

 古今東西の「ウィズ・ストリングスもの」でもなく、パストラルなプログレッシブ・ロックでもなく、ジョニ・ミッチェルの『夏草の誘い』でもなく…、Gofishトリオの頭の中以外、多分どこにもなかったシンガー・ソングライター・アルバムがここに誕生しました。嘘のような本当の音楽、小さな声でしか言いませんが、案外、小さな声にこそ真実があるのです。