未分類」カテゴリーアーカイブ

DISTRO新入荷 LOSS LEADER “S/T” / LP+mp3

WILD ANIMALSのドラムボーカルのPaulaが始めたバンドです。90’sEMOを意識したサウンドですが完全に自分好みでした。Karate,The Van PeltやBridge&Tunnel絡みのバンドなど好きな人は間違いなく気に入るかとおもいます!歌いまわしや押し引きのわびさび、この辺は好きでないとうまく出せない感じあるよなと感じますね、ライブや次作も期待させられます。

以下インフォより
※限定300枚(うちWS分は30枚)
※ダウンロードコード付き

スペインから期待のエモ/ポストハードコアバンド現れる!ここ最近のエモバンドのシューゲイズ化やパワーポップ路線への変更を求めておらず90’sエモを感じさせるサウンドを求めている人このバンドですよ!WILD ANIMALSのドラムボーカルのPaulaが、同じくスペインの90’sスタイルエモ・バンドULISES LIMAのメンバーと新たに結成した3ピースバンドLOSS LEADERの初音源がこちら。8曲入り。彼女たちの繰り出すサウンドはここ最近再評価されているBroken Hearts Are Blue、The Van Pelt、Karateを真っ先に思い起こさせる染みる渋いエモサウンド。静から動のダイナミックな展開に、つぶやくような歌唱法から感情爆発な歌唱法といい90’sエモ感炸裂しています。Paulaのボーカルが顔を出すといきなりJejuneやPohgohを彷彿させるんですよ!特にメインボーカルを取る”Compromise stay aside”は絶品!この曲がアルバムに収録されているだけ、一層メリハリのついたアルバムに仕上がってますよ。La Agonia de Vivir、Pifia Records、Discos Finu、Existence Records、Records Floraとの6レーベル+バンド自身の共同リリースで限定300枚。

DISTRO新入荷 NOWON”POP DESTROIED POP” CD


お待たせしました。NOWON 1st アルバム遂にリリースです!
名盤3way Suspect threeで狼煙を上げたNOWONがついにフルアルバムをリリース!
関西圏ではお馴染みの面子によるオールドヤングスター。ライブでのエッさんのハイトーンボイスは、20年前と変わらず僕らを釘付けにした。時はずっと回り続けていて空白など無かったかのように感じるサウンドは行き着いたポップの先。時にシリアスな局面も力を抜いて笑え、そして泣ける。またここからNOWONの虜になる日々が始まるのは僕だけではないはず。エモーショナルかつポップに鳴り響くエッさん節は唯一無二のサウンド。期待なんてパスッと飛び越えちゃってます!

2011年5月15日新代田FEVERでのMOGA THE ¥5解散ライブから7年ダブルボギーズのEscargot、ex-ANTI JUSTICE、LAST LAUGHの藤岡亮ニex-cleep,ex-flashlight experienceLAST LAUGHのトシローEX- FRANTIC STUFFS ,STEALMATE の佐藤ナオキの四人による甘酸っぱくて、時に切なくPOPに弾け, 喜怒哀楽に満ちた上質なメロディ溢れるPUNK ROCKサウンドにシニカルで、でも正直でセンチメンタルで泣き虫で感情的なエッさん節炸裂の11曲!
ゲストキーボードに羅針盤、渚にて、の吉田正幸氏。エンジニアは前作SUSPECT THREEに続きLMSTUDIO の須田一平氏。ジャケットアートは、説明無用のBID’ah,LIQUID SCREEN,S.O.BのKAZUHIRO IMAI氏。写真は Ryoichi Tsukada による 完全無欠のデビューアルバム完成!

DISTRO新入荷 SPORTとSPORTS

フランスの方のSPORT、在庫の都合上1stと3rdのみですが入荷しました。
75620489
SPORT “COLORS” LP / 2300yen
WATERSLIDEで前からチェックしていた人もいたかと思うのですが、こちらでも販売中。フランスはリヨンからのエモリバイバルアンサー的なバンドです。古くは勿論のCAP’N’JAZZ~ALGERNON CADWALLADER,SNOWINGファンはがっちり持っていかれるメロディとギターワーク。所謂繊細さだけではなく熱量もしっかりあるんですよね。そういやGROUND IS LAVAぽさもあるな。


SPORT “Slow” LP / 2300yen
そしてこちら今年5月リリースのニューアルバム。3枚目ですね。2枚のリリースを経て完全に貫禄出てる感じだけども内容というか本質は変わらずのブルーメロディックに弾きすぎずのエモメロディックギター、大合唱タイプの曲はUS感ありと文句なしのアルバムで最高です。
毎度ながらジャケもおしゃれ。なんとなくのイメージだととてもカジュアルな印象。変拍子やテク重視のエモっていうと小難しそうな感じがするんだけどもなんせメロディが良いからその辺は感じさせないかなという意味で。試聴して盤でも聴いてちゃってください。

そんでもってここからはボストンの方のSPORTSの入荷情報


SPORTS “We’ll Get To It Eventually + Other Rarities” LP+DLcode / 2200yen

BROKEN RIM recordsはアメリカ、マサチューセッツ州ボストンのレーベルでSPORTSも同じく。結成は2013年、そんでもってこの音源は2014年のデビュー音源のEP6曲に未発表曲とデモ、アコースティックを収録した再発盤。ボストンっちゃあ最近では自分大好きなSOMOSがいるとこか。音はSOMOSポイところはないんだけど共通点としては、やはりのエモリバイバルエッセンスかな。少し前位のTOPSHELFリリースやCYLS辺りを思い出させる感じ結構あります。BIG KIDSとかGROWN UPSなんかも。これがデビュー音源だったってんだからやってられんな…。
普段こういうことはあまり気にしないタイプなんですが、リリースは520枚限定で入荷分はSEABLUE+GREY。かなり色良い感じで「お!」っとなりますよ。で、このレーベル質が良いっての来になるんだけどやはりそこはこだわりというかそういうところを芯に持ってるよう。基本ジャケはマット仕上げだったりとか。品質の面でもしっかりしたいってのが伝わるようなリリース作品だなと思います。若いバンドも聞いていこうぜ!


Lions : Perspective, A Lovely Hand To Hold : Sports / “3-Way Split” LP+DLcode / 2100yen

2016年リリースの3wayスプリット、各バンド2曲ずつの片面プレスでB面はシルクスクリーンでアニマルプリントっていうまたこだわりの1枚。初っ端のLIONS(テネシー州ノックスヴィル)から中々にグッとくるメロディでたまらんすね。もっさりした見た目とは裏腹に泣きの美メロヴォーカルかつ展開もドラマティック。続いてのPerspective, a lovely hand to holdはニューハンプシャー州ナシュア、手数多めの展開に比較的ポップな感じのメロディといった感じ。どちらかというとインディーポップ~のエモ展開的な感じでとらえるのがありかな。
そしてシメはSPORTS、最新のアルバムももちろんのところ仕上がってきてる感あってとても良いです。SPORTってバンドが続々出てきてはどれも良い感じなのは紛らわしいけどそれぞれ要チェックです!こちらも500枚プレス!

“RITES OF NEW AND OLD vol.1”

今年の12月より新しく企画始めます!だがしかし、これはFNDや僕の個人の企画でもTURNCOATの企画でもVEGRECAの企画でもないので御承知ください。3っつ集まればなんとやらってやつです。
色々と時間も経っちゃったけどどうだろ。12月の忙しい時期になんて言わずに良かったら色々なところから見に来てほしいです。ありそうでなかなかタイミングを逃し続けてたなか、一個大好きなBANDも解散しちゃったのですがガッツリこれでやってみようと思います!
この日ならではの事も考えていますのでお楽しみに!

jwbsgbqj

星空JETT17周年
TURNCOAT & AKKA & forget me not presents
“RITES OF NEW AND OLD vol.1”
OPEN/START 18:30/19:30
ADV/DOOR 1500yen/2000yen(+1DRINK ORDER)

TURN COAT
AKKA
forget me not
& DJ SPACEGRINDER

LIVE! TURNCOAT 10月

10月は香川、愛媛、岡山と近辺で3本ライブあります!どこの場所にも岡山のバンドがいるってのがなんか縁ですね。
10月には音源ドロップしたいなと思ってますが進行状況次第ですんで、またここで告知していきます。楽しみにしておいてください。
とりあえずはもう間近に迫ってきているBROCCOLIの来日楽しみですね!東京場所下北沢編に出演しますのでよろしくお願いします。

crd9ztzwyaabkdh

2016.10.01 sat at 高松TOONICE
‘DIVERSITY MEANS’
MANISDRON (岡山)/TURNCOAT (愛媛)/フルイカズキ/OFF-END
ハナメガネ(O.A.)

cr1udrfvuaavjec

10/9(sun)
“Frustration Never Disappear”
OFFICE VOIDS(東京)
THE NOUP(岡山)
灰色オオカミ
山本セロ
TURNCOAT
and more

Open19:00 / Start19:30
ticket adv1500yen / door2000yen (+1drink order)
*県外からの御客様は500円OFF
turncoat3info(at)gmail.com

10/23
岡山CRAZY MAMA STUDIO
T.V DINNERS
FOLKS
TURNCOAT
and more?
open/start 詳細未定
ticket / 詳細未定

distro 最近の入荷

MAHER SHALAL HASH BAZ “HELLO NEW YORK” CD / 1800yen(OSR) 奇才工藤冬理率いる不定形ユニット。2014年NYレコーディング。LPに+10曲のアウトテイク追加。
VLEYETMOON “WAVE EDGE” CD / 1000yen(SIR WAVE) 福知山isバーニング。サンディエゴ、札幌サウンドを思わせる激サウンド11年目にしての1stかつ名盤
1000travels of jawaharlal “Owari Wa Konakatta” CD+DVD / 2500yen(Imomushi) 説明不要の名盤”Owari Wa Konai”を含むimomushi recordsからリリースした3タイトルの編集盤とライブ映像を収録したDVD。
BOILERMAN “FEELS WAYS ABOUT STUFF” CD / 1500yen(WaterSlide) 来日ツアーも最高だったシカゴ産激渋ラフメロディック。CDのみカバー含む7曲のボーナストラックあり!
LIFE…BUT HOW TO LIVE IT? “LIFE…BUT HOW TO LIVE IT?” LP+CD / 3240yen まさかの再発、誰もがやられるテクニカルなギターに、虜になる哀愁のボーカル。1st。
LIFE…BUT HOW TO LIVE IT? “DAY BY DAY” LP+CD / 3240yen そして2ndも再発、もちろんレーベル在庫は終了ってことでどっちもマストバイ。探してた時にはもうない1枚!
LIFE…BUT HOW TO LIVE IT? “UGRY” LP+CD / 92年作の3rdアルバムも再発、入荷!哀愁のメロディにテクニカルギターから生み出される超絶グルーヴィンなサウンド。
LEATHERFACE “Mush” LP / 3300yen ジャケも新たに再発、迷ったけどやはりまだ聴いて欲しい人もたくさんいるんで。
LEATHERFACE “Minx” LP / 3300yen 同上
DOWSING “Okay” LP / 1700yen 今作はレーベルをasianmanに移ってのリリース。これはメロディックパンクファン聴いてほしい1枚。シカゴぽさあるよな。
Dogs On Acid “S-T” LP / 2500yen Malegoatハジメ君による招致が決定して待ち遠しい人もいるでしょう。ex algernon cadwallader。その音はというと意外にもウィーザーライクな路線で攻めてきてインディギターロック感溢れる1枚。リリースがJADETREEってのも良いよね。9月の来日までにこれ聞いて予習しておいてください。algernon cadwalladerのLPもまだ在庫ありますのでそちらもヨロシク。
GOGOL BORDELLO “Gypsy Punks” LP / 2000yen Yes Gypsy Punks!
JAWBREAKER “DEAR YOU” LP / 3300yen 再発、こちらはGEFFINの方なんで2LPではないです。当時賛否ありましたがJAWBREAKERなにきいてる?と尋ねるとdear youと返ってくるほどの中毒性。もちろん他のアルバムも良いですがそれを経てのdear youだからこそ意味もあり繰り返し聞いてしまえるってなもの。一家に一枚、いや2枚でも!
SOMOS “FIRST DAY BACK” LP / 2500yen 待ちに待った2ndフル。前作はINTO IT OVER IT的なエモリバイバル要素を軸に組み上げてメロディも残りやすくキャッチーだったと個人的には思うんですが、徐々に明かされていく今作への期待はまさに私的に好みなスミス的アプローチをして音作りもまぁ空気管漂ってる感じだった。1枚通すともう最高。これは是非とも2枚の流れで聴いてほしいなと思う。私完全にやられました。
60’whales “S-T” 7inch / 900yen PIGEON、SCRATCH TOMORROW、LONGBALL TO NO-ONE、ZEROFAST、SHORT STORYのメンバーによる国産メロディックパンクならではのサウンド。それぞれのキャリアがまんま音に反映されててこいつは激プッシュです。若い人にこういう音、慣れ親しんで欲しいですね。そしてまたそこから遡って色々聴いてほしいなと思います。

その他、入荷もの。また個別に記事上げたりしますので宜しくお願いします。
Q And Not U “Different Damage” LP / 1800yen
HIGH DIVE “NEW TEETH” LP / 1500yen
The BOMB “Indecision” LP / 2100yen
ATOM AGE “HOT SHAME” LP / 1700yen
ALL DOGS “KICKING EVERYDAY” LP / 1500yen
Death Cab for Cutie “Kintsugi” LP / 3300yen
Propagandhi “Supporting Caste” LP / 2600yen
LONGING “S-T” LP / 1800yen
SCAM zine #6 / 400yen
SCAM zine #7 / 400yen
Eri “浅縹の空” CD-R / 700yen

GW終了

TURNCOAT、5/2~4.7とライブでした。岡山ではBig city企画でBOILERMAN(US)、松山徳島はDIVERS(US)、GLEAM GARDEN(埼玉)のツアーサポート。7日は愛媛の南予宇和町で毎年恒例の東日本震災チャリティーライブSCAB。どの日も良い内容で、企画の皆さんお疲れ様でした&ありがとうございます!
少し前までライブが不発気味というか不完全燃焼で終わることが多かったので、あんま色々考えすぎないように集中してやらないとなと挑みました。結果はどうだろ??楽しんでもらえたらなによりです。それぞれの場所で違った風に見えると思うし、一期一会、たまたま観たライブが良かったかもしれないし悪かったかもしれない。でもまた呼んでくれたら喜んで馬鹿面さげていきますので。よろしくお願いします。
色々な場所でやらせてもらうとやはりそりゃ集客の悩みやバンドの集め方の悩みなども見えてきたりもする。地方だし思うようにはいかないよね。でも地方なりのやり方で良いんではないかな。少ないお客さんでも目が生きてる人がいればまだまだ捨てたもんでもないでしょ。松山でのDIVERS/GLEAM GARDENの時のフロアの様子を見てやってよかったなと思いました。お金の話をすると企画もツアーも店の運営も力不足で厳しいところは目立つのだけどまぁそれだけじゃないよねって開き直って踏みとどまってます。もう少し続けますのでお付き合いください。
後、松山でのライブをBal-Bas-BowのGu/vo tkcfire(次作もお楽しみに)が編集してくれました。曲はDEEP BLUE。IRISリリースしてちょうど1年程、今まで届かなかった所にもCDやMVが広がっていった嬉しい1年でしたが、まだまだ終わらないので次をお楽しみにといったところで締めます。ライブ告知やディストロ情報は別でまたあげます。

LIVE! TURNCOAT 10月

もうすぐ10月、私的には誕生日仲間が多い月だと思ってます。SPO&3も10月生まれですのでプレゼント受け付けてます。
ライブは4本、松山、福岡、東京とありますので宜しくお願いします!そして11月には企画あります。USよりM.O.T.OのギタリストのダンがメンバーのDANGER SIGNSが来日、松山でのサポートをしますのでこちらもチェックヨロシクです。http://dangersigns.bandcamp.com/releases
さあ気になる10月のライブ、どれも要チェックな面子ですぜ。福岡はなにかある予定、頑張ります!

10/4(sun)星空JETT
『EXTREMEDIVES,#167』
Thee Oh Sees(US)
Vampillia(大阪)
TURNCOAT
The 29bow’s
山本セロ
SPACEGRINDER
and…
DJコモフェスト(防府)
Open 18:00 Start 18:30
Ticket adv 2200yen / door 2700yen (+1drink order)
http://iinioi.com/ohsees

10/12(mon)福岡Keith Flack
「STS presents TURNCOAT “IRIS” release tour」
TURNCOAT
FRIENDS FOREVER
PEAR OF THE WEST
TAKE YOUR MARKS
JOHARRY’S WINDOW
DJ CARTER
Open 19:00 Start 19:30
Ticket 2000yen(+1drink order)

fukuoka10

10/22(木)松山BIGNOSE
Liberation of mind vol.26
THE KNOCKERS(札幌)
RADICAL FACE
TURNCOAT
AKKA
18:00~
Ticket adv 1000yen/door 1300yen (+1drink \500)

10/31(sat) 東京 早稲田Zone-Be
PUNK PANDEMIC 2015
BLACK AND WHITE
LIQUID SCREEN
OFFICE VOIDS
WOTZIT
LIPUPS
PINPRICK PUNISHMENT
TURNCOAT
YOUR PEST BAND
THREE MINUTE MOVIE
SHIPYARDS
16:00~
Ticket adv 2300yen door 2500yen (+1drink order)

IMG_0650

雑記!TURNCOAT

初鳥取&久し振りの岡山から帰ってきました。
今回ももぐチャン同行にて二泊三日の旅。ドラム聖美の地元鳥取でのライブは初めて、自分も山陰ではライブ見るのも15年以上振り、やるのは初めて。数年前から気になっていたStrawberryFieldsでのライブは、10年前位に聴いたSEMI&Telegramのスプリットを当時聞いてたこともあり、今回は縁あってその御二方に企画してもらいました。この日はSEMIの新しい音源のリリース日という事で何年振りかの新音源もバッチリゲットしました。6曲入り1000円にてFNDでも取扱っているので注文お待ちしています。
以前のジャワハルラル直系の様な音は少し影を潜めつつもド渋なメロディが涙腺を刺激してなかなかにぐっと来ます。今作には新メンバーにキーボードも加入しての作品。telegram改めteleさんはバンド編成からギタレレを手に日本語詞で優しく歌い上げる和製ビリーブラッグタイプ。音源が待ち遠しい曲揃いでした。
DIY感ある会場にも酔いつつこの日は楽しくライブ出来ました。場所を変えて軽く打ち上げしつつ鳥取の夜は更けていく、またこういう日があればと思い再開の約束をするのでした。
翌日は岡山、明け方に恭平のナイスドライビングによりPARKMATES松田邸にイン。この日は彼とLEEWAYマットの新バンドBIG CITYのデビューライブでもあるが緊張感は特になし…。ヘルプドラマーが慣れた人だったからかな?昼過ぎに会場のCrazy MAMA Studio入り、機材搬入などしつつ久々の小野君と再会。DIGDIGは相変わらず良い店だなと人柄&品揃えに納得。
リハをしないので若干時間があるなということで岡山といえば吉備土手下麦酒が呑める店でのんびり時間を過ごす。ほんまの土手下で飲めるところはロケーション、ラインナップともに最高なので、これ見て岡山旅行する人は行った方が良いと思います。オススメ!
肝心のライブは出だしから良い感じで地元岡山勢も良い盛り上がり、バトンを渡されつつ我々、ベースの音が聞こえにくかったのか大人気ない恭平の態度に申し訳なくなりつつも何とか着地したライブはやはり課題が多いなと思いつつ反省。何度でも岡山に行く理由が出来るので、また近いうちにリベンジしたいなと思います。ショウキ君のナイスな転換時の動きもありライブは順調に進み篠沢君のテンションも弦を引きちぎる位には最高潮。和民では廃人の様になってましたが良いよね。この日は打ち上げ早めに切り上げPM松田邸にまた戻る。翌日、早朝には帰路に。
二日間皆さんお世話になりました。CDやTシャツなど勿論ディストロも手にして頂いてありがとうございます!

IMG_0702

IMG_0699

9月の TURNCOAT

来月9月は松山・鳥取・岡山とライブあります。
鳥取は初、semiとtelegramのスプリットを聞いてから大分年月が経ちましたが、semiの池田さんに企画して頂ける事になり楽しみです。同じく鳥取には名店、Borzoi recordがあり、1stは置いて頂いてますので、まだ持っていない方はボルゾイへGOです。会場のストロベリーフィールズもLong tall sallyのメンバーが運営していると思うのですが、PVで観るにものすごく雰囲気のよさそうな所。若干中心地から離れていると思うのですが、貴重な1日、宜しくお願いします!
IMG_0621

そして翌日は岡山CRAZY MAMA 1(recordshop DIG DIGの上)、東京からDAWN/Shipyardsのレコ発に便乗してなんならRevolution for her smile/Folksもスプリット出たとこなんで、BIGなリリースパーティ的な盛り上がりになれば良いなと思ってます。これまた凄く久々の岡山なんで楽しみ。中四国の皆さん、連休中魅力的なライブは多いですが、こちらも宜しくお願いします!
CNQXZwtVAAExM25

そして月頭に松山にて1本あります。名物企画「大往生」に参加。ツイッターなんかで宣伝されてますが、DRIFTAGEの出演もあります。BASSの廣瀬氏、人生の転換期の為、祝いも兼ねてという主旨ですのでこれ1度きりだと思います。久々に入ったスタジオはドタバタ、聞き返した音源の速さに3人とも耳を疑う事態でした…。当日は気負わずやりたいなと思います。もう7年位は経ったのかな、随分前の事のようです。

9月6日(日)18:30〜
「大往生〜ヒロセくんいってらっしゃい(あっちの世界へ)〜」
BANDS
*DRIFTAGE
*CIRCLE FLEX
*TURNCOAT
*中村真人
*湯の町ブラザーズ
*汚J
*山本セロ
DJ
*OGURA
FOOD
*NOW
ADV1000yen/DOOR1500yen(+1drink order)