投稿者「sublow」のアーカイブ

DISTRO 新入荷 ADA,Dancebeach,Excuse To Travel,JahanGir “Steel Evening Silent Floor” 4way split CD

ADA,Dancebeach,Excuse To Travel,JahanGir
“Steel Evening Silent Floor” 4way split CD (税抜)1800円

リリースが止まらないぜ!ってことで今年もガンガンにリリース中の優良レーベルHARDCORE KITCHENより待望の4way splitがリリース、入荷致しました。福岡のADAだけはずっと気になっていたけど未だ聴けていなかったので個人的にも待望でした。中々に面白い組み合わせの1枚で美味しい所をグッと収めた感じですね。ジャケットのMaronasty画伯も最高です。エクトラことExcuse To Travelは先日のWILD ANIMALSのツアーの際にも岡山・徳島と2度出て頂きましたがいやはや、爆走サウンドでDC~サンディエゴEMOサウンドが好きな方はバッチリ気に入ってくれると思いますので要チェックです。リリースを重ねるにつれての完成度マシマシです!
そして前作のSUSPECT THREEでもビックリさせられたJAHANGIRですが今作もヤバいっす。楽曲に不協と変拍子を練り込むことに腐心する非テクニカル系のバンドってパンク・ハードコア・メロディック・オルタナを20年熟成させた結果が見事に味わえます。前作と合わせてお勧めです。DANCEBEACHはTHROATからのsplit以来のリリースになるのかな。硬質かつ鋭利な不協和音と歌詞が印象的な名古屋のバンドで今作も特徴を前面に出した楽曲揃いです。そして最後はADA(エイダ)、女性VOの悲痛な言霊が叙情的なEURO HCに、そしてそれはドラマティックに演出されるものではなくて日常をリアルに切り取ったもの。HCもPUNKもこうじゃなくっちゃね、最高ですわ。
それでは、以下インフォより。告知MVとともにチェックして注文よろしくお願いします。またこれに合わせて過去作品も入荷していますのでそちらもよろしくお願いします。

福岡,名古屋,京都,舞鶴/尼崎の4バンドによる4way split !
MELODIC,EMOTIVE,ALTERNATIVE, JUNK HARDCORE
をひっくるめて多重衝突した様な4WAY SPLIT!

ADA
2011年 福岡にて結成。
地震、原発事故、環境汚染、世界的に広がる紛争…
様々な事象と不穏な空気が 我々の心に深い穴を開け 先の見えない未来に対し怒り、
憂いだ衝動を一発録音にて収録した 1st demo TAPE Control Your Destiny or Someone Else Willを発表
その後 VA.EXTRAORDINARY ? HCK-038 VA Genocide express from nowhere 2枚のオムニバスに参加
90s EUROハードコアの持つ牧歌的サウンドを軸に 放たれるボーカルMAOの悲痛な言葉は
1本の巻物に書かれた遺書を広げて行くかの様に 私達の当り前にある現実に疑問を投げかけてくる。
100%を95%にした時に見えてくる価値観は、この空を覆い尽くす暗黒の雲を切り裂く一本のスピアとなるだろう。
(収録曲 plastic dream イメージ引用 )

Dancebeach
2004年に結成され幾多のメンバーチェンジを越えて現在に至る
名古屋のグルーヴィパンクトライアングル。
硬質でしなやかなビートに透明かつ鋭利な不協和音を響かせる
ギターが絡みつくサウンドに乗せて吐き捨てられる言葉は独特の存在感を放つ。
現在までにdemo音源、2枚の単独アルバムをそれぞれLess than T.V、impulse recordsより、
その他多数のスプリット、V.A.に参加しコンスタントに作品もリリースする。
ライブ活動も自主企画や国内ツアーをマイペースに展開中。

Excuse To Travel
2014年 Gotch(ex-Noeye)、Nakajima(ex-KIRIE)、Yuki(pre-COWS,ex-salt of life)の3人で結成。
ストイックなギターに唸る日本語、荒くドライブ感溢れるベースとドラム。
90年代のD.C.シーンやUS Emo、ジャパニーズメロディック等の音を継承した
エモーティブハードコアパンク。
疾走する演奏と荒々しく感情を吐き出していくボーカルが突き刺さる。
これまでに、1st TAPE「MAKE EXCUSES」、
The Miscastsとのライブ会場限定split CD-R「The Miscasts are my Excuse To Travel」をリリース。
世代やシーンを問わず、関西を中心に活動中。

JAHANGIR.
1994年結成。当初は4人編成だったが、数人のボーカリストを経た後、2000年頃からドラムがボーカルを兼ねる3人編成となり、現在に至る。
過去に数本のデモテープ及び数枚のデモCDRを配布あるいは販売してきたが、2015年にHARDCORE KITCHENよりリリースされた3way-split
「SUSPECT THREE」への参加が初の本格音源となる。
当初は1989年結成の前身バンドの方向性を継承し、メロディック系を模索していたが、徐々に歪みが生じ、不協と変拍を許容するに至って、
落としどころ設けることは放棄した。
それなりに長引いた活動歴の中では、遠近問わず様々なバンドの影響を受けているのは当然であるが、その結果たる楽曲を顧みるに、余りに
直截さを欠くこれらの現状を鑑みれば、無用の予断の種を撒かぬ意味でも、それらの羅列は差し控える。
むしろ我々としては傍目から両断されること渇望します。

ジャケットアートはH.M.V,TONE DEAF,CIRCLE FLEX,
EXCUSE TO TRAVEL等のアートワークを手掛るTREAMTODAの
首謀者 MARONASTY!

福岡の女性ボーカルハードコアパンクADA。
叙情的な旋律に女性ボーカルが、言葉を突きつける。
ADAの音楽に燃えると言う言葉は、相応しくないかもしれない。
彼らの音楽に触れていると、ただ一人の人間になりたくなる。
一人の人間としての切なさ、寂しさ、そして今を生きている誰かを想像してみる愛しさ。
そんな感情にさせられ、存在の根源から揺さぶられる。
揺さぶられることによって、他者の存在を見ようとさせてくれる、
他者の言葉を聴こうとさせてくれる。それを喜びと言うのではないだろうか・・・。
彼らの音楽は、僕にそう教えてくれる。(GOTCHA 内野端樹)

Dancebeach
能天気でイケイケなイメージを想起させるバンド名。
しかし、音に触れるとその印象は一転する。
愛知の3人組Dancebeachは、安易な妥協を拒絶するかのような、
ヒリヒリとした硬質なロックな音を、我々の耳に突き刺してくる。
本質的な意味でのヘビー・メタルそのものだ。
今回の4曲は、所謂オルタナティブな感覚に満ち溢れている。
日本的なフレーズと西洋的なフレーズが拮抗してくるところは、
このバンドならではの展開だ。いい宇宙を創り上げている。
(TAYLOW・the原爆オナニーズ)

漆黒の岡山城そそり立つ京都タワーといったシンボルを
Ebullition印のフンドシでグッと締め上げるExcuse To Travel。
シンボルロックならぬシンボルパンクロック。脂のってるね!
(シマダタカシ the Miscasts)

JAHANGIRを初めて見たのは20歳の頃、それから早十数年経ちました。
当時は西海岸の風を感じていましたが、最近は日本海の風を感じます(最高)
10年後も一緒にライブしましょう!(クリモトさん Bears / Diskover )

ライブスケジュール

ada
7/16 HIGH CONTRAST8 @福岡 MRT studio
7/29 dfer.vol.31 @西横浜 EL PUENTE

Dancebeach
5/13(土)Studio246 名古屋

Excuse To Travel
4/7(金)岡山crazy mama 1
4/23(日)西院ネガポジ
5/3(水)京都Growly
5/13(土)東京早稲田zone B

HARDCORE KITCHEN再入荷コチラもよろしく!

V.A / GENOCIDE EXPRESS FROM NOWHERE -大量虐殺特急列車-

名古屋/SOCIAL PORKS、滋賀/BY-PASS、京都/TOAST、大阪/CYCOSIS、神戸/gamy、福岡/ADA、HARDCORE/FAST/POWER VIOLENCE/THRASH CORE/CROSS OVER/ポエリトリカルFEMALE HARDCORE、6バンド/全18曲収録の強力コンピcd!Hardcore kitchenからのリリース!!!
ジャケットアートワークは説明不要のKAZUHIRO IMAI氏!

ADA
福岡博多にかつて存在した レコードショップヘルズキッチン。そこを通して感じた90年代 現行ユーロハードコアサウンドを軸にボーカルMAOのリリックが綴る ポエトリカルフィメールハードコアパンク
Control your destiny.or someone else will 皮肉な言葉に愛を込めて…

BY-PASS
唄あり、笑いあり、MOSHありのライブは必見の滋賀オラオラFUN MOSHな HARDCORE

CYCOSIS
ハードコアパンクにスラッシュメタルギターを入れた大阪新鋭CROSSOVER THRASH HARDCORE!!

gamy
MOSH一筋21年!HI SPEED MOSH ATTACK首謀者! ぶれずに深化しつづける神戸HIGH SPEED MOSH MACHINE!!

SOCIAL PORKS
オジサン2人組みテケテケSURF THRASH!! リバーブのガンガン効いたサーフギターに凸凹スピードドラムが乗っかる、謎なスカスカサーフィングラインドサウンド!

TOAST
紆余曲折23年!説明無用の京都SCREAMING FAST/THRASH CORE炸裂!

JAHANGIR/NOWON/the Miscasts / 3way split -Suspect three-
関西からそれぞれありのままの生き様と、溢れる人間味がメロディに乗った強力な3バンド(JAHANGIR、NOWON、THE Miscasts)が集結したスプリットCD。メロディアスでPOPセンス溢れるハードコア/パンクロック好き~エモ好きも、YOUTH CREW好きも、Oi好きにもオススメな一枚。

JAHANGIR
1994年、LESS THAN TVのVA「TV-VA」に1曲を残し解散したSUBRACHO DOBRACHOを母体に結成。
当初、活動方針は不明確で、サポートメンバーを交え、DESCENDENTSのコピー収録した3曲入りデモテープ
「THE FIRST DEMONSTRATION in SUMMER 1994」を作成。翌1995年、DIRTYISGODのMITT@氏をサポートボーカルに迎え、
正式ボーカル募集用の3曲入りデモテープ「THE SECOND DEMONSTRATION in PROBABLY 1995」を作成し、初演まではこの陣容で活動。
1996年、正式にヤストモがボーカルとして加入し、以降ブッキングを中心に活動を継続。同年2曲入りデモテープ
「THE THIRD DEMONSTRATION in PROBABLY 1996」を作成。
1998年に季節毎に4本のデモテープ「THE FOURTH DEMONSTRATION in SPRING 1998」(3曲入り)「THE FIFTH DEMONSTRATION in SUMMER 1998」(3曲入り)
「THE SIXTH DEMONSTRATION in AUTUMN 1998」(3曲入り)「THE SEVENTH DEMONSTRATION in WINTER 1998」(4曲入り)を作成。
2000年初頭にヤストモが脱退し、以降はオシヤンかアキヒロがボーカルを取る3人編成での活動となる。
同年、販売目的での3曲入りカセットテープ「THE FIRST MERCHANDISE in EARLY SPRING 2000」を作成。
2001年にダブルボギーズのトレビュートVA「君の窓から」に1曲参加、3.5曲入りデモテープ「THE EIGHTH DEMONSTRATION in SUMMER 2001」を作成。
2003年、用途不定で7+仮1曲のレコーディングを行うも、当テイクはお蔵入りとなる。
2014年、難波ベアーズでの録音を中心とした9曲入りデモCDR「13 YEARS LATER 2001 / 2014」を作成
(当作収録の1〜2曲目はデモテープ「THE EIGHTH DEMONSTRATION in SUMMER 2001」からの再収録)。
2015年の今年、ハードコアキッチンの招致に応じ、当オムニバスに参加することとなった。
楽曲に不協と変拍子を練り込むことに腐心する非テクニカル系のバンド。
とは言っても、レーダーチャート的にはパンク・ハードコア・メロディック・オルタナの4項でほぼ表すことが可能で、
高尚や難解とは無縁である。なかなか自らを具体的に形容するのは困難だが、然としてはRHYTHM PIGSに比較的近い形状というのが、
イメージし易いのではないかと思う。但し、同バンドからの直接的な影響はさほど受けているわけではなく、
在り様として影響を受けたバンドは他に多数あり、さらに部分的となれば枚挙に暇がないが、
ここでそれを記してもおそらく混迷するばかりなのでやめておく。
20年かかって混ぜ込んで、原材料が曖昧になった流動食、人を試す様な高額食材や人に災いをなす様な非食品は混入していないので、
安心してお聴き下さい。

The Miscasts
07年 Gon(ex-I EXCUSE),Saidera(ex-DAMAGE DAWN),Shimadark(ex-ERIC ORGAST)の3人で結成。
同年、初ライブ、1st7”リリース。
その後、マイペースながらライブ、2枚のsplit7”リリース。
一時期、Shimadark不在の時期があったが2013年に復帰。
聴けば聴くほど、耳に胸にメロディが離れない3分以内のスルメチューンを放出する京阪奈バンド

NOWON
裏街道をひたすら疾走する 孤高にして究極のメロディー! パンクアダルトの琴線に触れ ココロの襞を潤すHCオアシス!
2013年結成 ex.ANTI JUSTICE 現last lough の藤岡亮ニ ex.CLEEP 現last lough の高田トシロー
FRANTIC STUFFS ,STEALMATE の佐藤ナオキ ex.mg¥5 現DBのEscargot
ルーツミュージックの核融合は NOWONの血と成り肉と成り PUNKROCKの可能性は 拡がり続ける…
我々はエコでもエモでもない… エロだ… R30指定。 欲しかったモノがココにある!

DISTRO 新入荷 falls / 5 songs cassette EP

リリースあるって話聞いてから楽しみにしてましたが、その間に見たライブももちろん最高!ぐんぐんスピードを加速させバンドの勢いが付いてきている東京EMO/INDIE rockの牽引役fallsの2017年レコードストアデイに合わせたリリースは5曲入りのTAPE。リリースはお馴染みのtoosmellrecordsからです。
A面にはfalls・SUMMERMAN・CARNIVALでの企画名にも使われているWIREのDOT DASHのカバー。原曲の雰囲気も残しつつのオリジナリティ、華やかなfallsのイメージにwireの雰囲気を重ねるとどうかな?と思いつつも案外ハマってます。そしてもう一曲は知る人ぞ知るLATE 90s~EARLY 00sの隠れ名EMO/INDIE ROCKバンドと言える存在・SILVER SCOOTERのPUMPKIN EYES。ハードディガー前君のチョイスみたいだけど、多分ワクワクしながら選んだろうなという印象。ばっちりハマってこれはfallsらしさも旨く出せていて名曲度もあがってます。
そんでもってB面は中国の『Qiii Snacks Records』よりリリースされたカセットテープコンピに参加した際の一曲、City Of Heraculesからの幕開け。ライブでも大盛り上がりの名曲ながら音源は入手困難だったためこれは嬉しい再録。そして肝は次のこの曲useless day、2015年のRECORD STORE DAYにtoosmellrecordsより100枚限定リリースされたSUMMERMANとのSPLITに収録の一曲で、今回収録曲の中でも前述の『City Of Heracules』と双璧を成す超キラー&重要曲。大好きですねこういう感じ。もうここで完全に持っていかれたなと思いつつもラストはdaymare、2016年のRECORD STORE DAYにtoosmellrecordsより100枚限定リリースされた単独EPの一曲。トリッキーかつメロウなギターとグッとくるメロディ、これぞfallsのよさを詰め込んだかのような1曲になってます。まぁここまで書いておいてなんですけど、前情報必要なく耳にしても残る感じ。終わってほしくないなという曲展開、素晴らしいので是非手にしてください。
今回はtoosmellrecords&バンド物販、そしてtoosmellやfallsと所縁のある全国の個人店・ディストロのみでの取り扱いになるようです。
うちを選んでくれたってのはとても光栄なことで、ここでしか買えないものがまた一つ増えたって誇りでもあります。地元はもちろんの事遠方からの注文もお待ちしておりますので是非ともよろしくお願いします。
過去の音源は1st”wednesday”とCUT SELF NOT vol.3 DVDのみ在庫あります。そちらも併せてどうぞよろしく!

WILD ANIMALS / TURNCOAT JAPAN tour 2017

お礼が遅くなりましたがお陰様で全箇所無事終了いたしました。各地でお世話になった皆さんありがとうございます。ライブには来れなくてもSNSやライブ会場、レコード店等で告知協力してくださった皆さんもありがとうございます。WATERSLIDE招致の元ですが、久々にガッツリ関わったツアーができたかなと思います。WILD ANIMALSも初日、長いフライトからの疲れがあるかなと思いきやライブも全開!その後のツアー、途中機材トラブルもありましたが各地で最高のライブをしてくれました。ジェイミーのバーストギター、フォンの見た目のパワフルそうな感じとは逆に安定したベース、ポーラのパワフルドラムに哀愁のコーラスと、3拍子揃った良いバンドだなと思わされました。今までの楽曲は勿論生で見ることができて最高だったのですが、新曲も良い感じで次に出るだろうアルバムもとても楽しみです。最新のアルバムはWATERSLIDEリリースのCDがまだあると思いますので、購入できなかった方はどこかのSHOPで是非!
そして彼らの食事面でもVEGANメンバーがいたので、その辺でのサポートをしていただいた皆さんもありがとうございます。VEGAN店までやってる自分らが全箇所で食事を作ればって話でもされたらあれなんですが、そこまでは出来なくてすみません…。毎度ながら海外から来たバンドが興味持って日本食を食べているところは印象的で、色々挑戦して食べてるなと思います。ホントは納豆とか食べて欲しかったな…。
TURNCOATはといえば今回は3人での初名古屋もあったし、何より5日間のツアーするのも久しぶりだった事もあって、とても新鮮でした。毎日各地のカッコいいバンドに囲まれたのも最高でしたね。これはばっちり主催の方の力だと思います。ホント凄いっす!同じ地方として、どんなやり方ができるかってのをいつも考えてますが、今回も良い刺激貰いました。ありがとうございます!最終日の火影の景色は忘れられないですね。
誰がどうだったか?どのバンドがどうでとか一か所ずつ振り返ったりするのは5日間なんで簡単なんですが、もうとりあえずTHE NOUPは強烈ですよね。近くに来たら是非見に行ってほしいし、岡山まででも見に行ってほしいバンドです。活動の仕方含めて、とても興味深く刺激的なバンドです。その他の思い出なんかはライブや店であったらお話ししますので!
それではTURNCOAT/FND/VEGRECAともに通常体制に戻ります。よろしくどうぞ~。

1981 THE NIGHTMARE NEVER ENDS japan tour 2017

前回の来日ツアーも大盛況だった1981がまたやってくる!前回は広島まで見に行ったのだけれど、スキゾのユウ君に「次回は是非四国にも」とお願いをしていたらAKKAの企画にて高松TOO NICEが決定!ありがたいことに我々にも声をかけてもらって共演決まりました。これはとても嬉しい一夜になると思います。自分の住んでる町に来てほしいのは勿論だけど、それが無理ならせめて四国一か所でも来てもらえるのならホッとするので今後も来日バンドのツアーの流れが切れることなく続いてほしいなと思います。そして周知の事ながら1981はメンバーにPhoenix Foundationの二人も在籍、来日に合わせそのPhoenix Foundationのニューアルバムをツアーに間に合うように準備開始している模様です。国内盤リリースはwaterslideより。こいつは楽しみも2倍増しってことで、続報待ちましょう。
ちなみにどちらのバンドも音源、旧譜の在庫あったりしますのでお問い合わせお気軽にどうぞです。それでは気になるツアーの全容は下記でどうぞ。四国の皆さんは平日ですが高松に集合でよろしくお願いします!

1981 – THE NIGHTMARE NEVER ENDS japan tour 2017

6.9(FRI)
@NAKANO moonstep
NINGEN-DO presents
“JUNK POT #004”
OPEN / 18:30 START / 19:00
DOOR ONLY ¥2000+1DRINK
UNDER 18→NO CHARGE!! DRINK ONLY!!
※12歳以下入場不可

1981 from Finland
GHETTOS
CHEERIO
怒鳴(199X)
NEIGHBORS

DJ YWK1

6/10(SAT)
@YOKKAICHI VORTEX

1981
AZN
POVLACION
UNSKILLED LAB

6/11(sun)
@TSUYAMA K2
OPEN 17:00 START17:30
ADV 2000 DOOR 2500

1981(FINLAND)
FUK(UK)
VASTUSTA(FINLAND)
鉄アレイ
abducted
DEATH DUST EXTRACTOR
SKIZOPHRENIA
LAST

6/12(mon)
@HISORSHIMA MUGEN 2F
open19:00 start19:30
adv2000yen door2500yen

“NO U TURNS & HOWLING COMMUNICATION”

1981(Finland)
FUK(UK)
鉄アレイ(Tokyo)
NEVER AGAIN
モンキービジネス
XIDENTITY

DJ:TETTA

6/13(TUE)
@TAKAMATSU toonice
open 19:00/ start 19:30
adv ¥1500/ day ¥2000(1drink oder)

1981
TURNCOAT
OFF-END
Look at moment
AKKA
DJ ROCKSAN

6.14(wed)
@OSAKA KINGCOBRA 2F SQUAT+3F

19:00 start
adv ¥3000 door ¥3500

2F
CENTIPEDE
ZYANOSE
VASTUSTA
1981

3F
どろろ
WARHEAD
鉄アレイ
FUK

6.15(thu)
@NAGOYA BAR RIPPLE

19時30分 オープン
20時スタート

2000円 (include 1 drink)

1981
VASTUSTA
killerpass
..and more

6/16(FRI)
@ASHIKAGA TAISHIKAN

FÖRTVIVLAN pre
UNCHAIN GIG Vol.22

OPEN 19:30 START 20:00
DOOR ¥1500+DRINK ¥500

1981(FINLAND)
good by my bicycle
ZIKADE
FÖRTVIVLAN
and more…

6/17(sat)
@MITO SONIC
adv:2,000yen(+1d)、door:2,500yen(+1d)

1981
SOLPAATOS
SKIZOPHRENIA
BAND OF ACCUSE
STRANGE FACTORY
LRB
ATARAXIA、
and more..

6/18(sun)

Bloody Revolt vol.35
@ SHINOKUBO EARTH DOM

1981
SKIZOPHRENIA
THE SLOWMOTIONS
THE SAVAGES
C
FREAKS
…and more

雑記

たまには読んだ漫画の話をしろとか言われることもあるんだけど、漫画は良いよね。さっき見てたのはマジで涙が出た漫画みたいなやつだけど、自分的には最近だと子連れ狼の一択だ。後半につれ涙が止まらなかった。小池一夫・小島剛夕のタッグは首切り朝も面白いので是非見てみて下さい。中古でもそんな高くないのではないかな?ちなみに立ち読みも良くしてしまうクズなのですが、島さんと大町さんが結婚した時はマジで立ち読み中に涙した位によく読んでいた弘兼作品。少年誌を早くに卒業してしまったので、劇画とか青年誌、婦人誌とかの漫画の方がよく読んでいたのではないかな。幼少期からよく病院に行っていたので待合室にある不倫物のゲスイやつとか。だからジャンプの話とかしても全然着いていけなくて少し寂しいっすね。途中からはこち亀くらいだもんな見てたの。今はヤンマガやスピリッツ辺りもとうとう見たいものが減っていき、だんだん現行の漫画も追えなくなってきている次第。古きを改めている日々。魚喃キリコの漫画がまた映画化されるようで楽しみ。先日から話題にしあってるけど漫勉は面白いですね。山本直樹とても大好きなので先日の放送はとても面白かった。森山塔もだけどあの辺はかなり見させてもらってた。当時エロ漫画はエロかアートかみたいなどうでもいい議論を交わしたような気がします。
あぁ、良いな。なんか面白い漫画の話あったら教えてください。

白竜LEGEND原子力マフィア編

WILD ANIMALS / TURNCOAT tour2017

もう一月をきってますね。各地の詳細も出そろってきているのでWATERSLIDE同様こちらもまとめています。
チケット予約もここでも各会場の分、受付大丈夫ですので、問い合わせ窓口よりよろしくお願いします!

そして予習用にはこちらを。CDもまだ在庫あるようですので気に入った方は是非!

まずは初日東京

4/5(水)下北沢 Three
WATERSLIDE企画 “LIVEAGE Vol. 72”
OPEN 19:00 / START 19:30 ADV 2000 / DAY 2500
WILD ANIMALS(スペイン)
TURNCOAT(四国)
SHIPYARDS

二日目は名古屋へ
4/6(木)名古屋 鶴舞Daytrip
HAYASICKBOY企画
OPEN 19:30 / START 20:00 ADV/ DAY 2300(1drink込)
WILD ANIMALS(スペイン)
TURNCOAT(四国)
POVLACION(三重)
NAVEL

三日目は岡山

4/7(金)岡山 Crazy Mama 1
“NOUP PARADE!”
OPEN 19:00 / START 19:30 ADV 1500 / DAY 1800
WILD ANIMALS(スペイン)
TURNCOAT(四国)
Excuse To Travel(京都)
MASSGRAVE
BOMB KETCH
THE NOUP

四日目は徳島

4/8(土)徳島 Crowbar
Vespers企画
OPEN 17:30 / START 18:00 ADV / DAY 2000
WILD ANIMALS(スペイン)
TURNCOAT(四国)
BIG CITY(岡山)
Vespers
bows
THE ABSENTS

そして五日目のファイナルは大阪、こちらスタートも少し早めとなっていますので周辺のライブもはしごしつつ是非!

4/9(日)大阪 火影 「ツアーファイナル」
YELLOW KNIFE企画
OPEN 16:30 / START 17:00 ADV 2000 / DAY 2800
WILD ANIMALS(スペイン)
TURNCOAT(四国)
AKKA
マサカリ
FIVE NO RISK
THE BRYAN
Diskover

各地好メンツに囲まれていて、本当に感謝しかありません。企画して頂いているバンドの皆さん、出演者の皆さんお世話になります!
5日間ではスペイン語は理解できないと思うのですが、持ち前の簡単英語でぶつかってみます。久々の連荘ライブなんで気合入れていかないとと豆腐メンタルに言い聞かせてます。まだまだ前進しますよ~!

LIVE! TURNCOAT

3/19(日)@松山BarCAEZAR
『EXTREMEDIVES 15周年記念興行』
PANICSMILE
是巨人(吉田達也+鬼怒無月+ナスノミツル)
TURNCOAT
bootleg verrolls
山本セロ
DJオグラ
DJbuzz
SPACEGRINDER

開場17時半/開宴18時
前売2500円

いよいよ、近づいてまいりました。PANICSMILE四国初上陸というわけで、話題にもなっていますがベースには新たにex easternyouthの二宮氏が加入しての初ツアーではないかと思います。そこにさらに是巨人も参戦と言う事で凄まじいメンツとなっています。地元勢もこれぞダイブス的な内容になっていますので15周年祝いに是非とも盛り上げていきましょう!
TURNCOATも3月はライブこれのみです。以降愛媛でのライブは決まっていませんのでよろしくお願いします!

雑記

週末土曜日は小岩BUSHBASH日曜は新宿HILLVALLEY STUDIOとライブ。見に来てくれた人も一緒にいた皆さんありがとうございました。
土曜の小岩はBUSH BASH&who cares企画。who cares春田君は元R3-N7なんだけども一緒にライブをしたのは13年くらい前の話。当時の大阪は面白かったなんて色々話も出来て良かった。今回は飛行機で行ったのでリハにも少し遅れ気味でカートを引っ張りながら到着してすぐにリハ。終わってからもどこか呑みに行くには時間もなかったのでBUSH BASHカレーを食しつつチビチビやりながら過ごす。YOUR PEST BANDに加入した竜ちゃんが見に来てくれてたので色々近況や世間話など。4枚目のアルバムを出しまた次のステージに行くYPBが楽しみだな~と期待している。
小岩の日はまたもやキョウヘイが客席に飛び込むもすぐに音を断絶させるというトラブルもありつつだったけど、みんな楽しそうにしてくれてたから良かったのではないかな。たまにつかうマーシャルは2000は厳しいかなと思うんだけど900はよく使ってたからそこまで違和感ない方だった。そういやバイスサワーってこっちの方では呑むことないけど、旨いすね。
で、小岩ではいい感じに呑みつつ過ごして終了後に電車で移動。こういう時は移動がカートって大変だなと思いつつこれが都内のバンドマンの日常と考えると凄いなと感じる。で、夜は更け最後に例のやつをズルッと決めてNO宅へ。ここでもキョウヘイ持参のグラッパなどやりつつヤバい時間に。翌日の事を考えて床に就く。
朝、グダグダで何とか目を覚まし最高級の朝飯を食らう。心遣いにグッとなりつつも準備が一番遅いのでテキパキ急いで移動。車⇒電車と乗り継ぎ新宿へ。スタジオでの配置なんかを終えリハも終えたが約1名まだ来てないことに気づく。S君の到着を待ちつつ物販の準備やなんか。徐々に人も来てNOもリハを終えすぐさま本番。パンパンの中、ひりひりとしたステージを見せてくれる。久々のNOは相変わらず最高だった。s君は少し調子悪そうにも見えたけど、出音はそんなことなかった。今日この2マンでよかったな~なんて思ってたらすぐ終了して我々の順番に。少しづつ温度を上げつつ終えると汗だくだった。楽しかったのではないかと思う。
終わってからはみんなで隣の中華料理屋へ。前もこうだったなと思いながらあぁだこうだと呑みつつ過ごす過ごす。昼ライブはこれが良いのかと再確認しつつ我々は良い時間に別の場所へと。歌舞伎町を抜け途中ズルッとやりたいのを我慢しつつ電車へ。次の場所で待ち受けてたのはこれまた面白いあれこれだったのですが、ここに書くことでもないことが多く、それはそれで「あぁ友達っていいな」と思う時間を過ごせたのでありました。
翌日何とかこれまた眠い目を無理やり開けて重い荷物を引きずって成田へと行ったのですが、飛行機は欠航。航路を変えつつ1日移動の日々でした。まさか成田で2回飯食うとは思わなかったです。
小岩でのがっつりしたメンツでのライブも面白いし、ノザワ君やOFFICE VOIDSのメンバー、NOとの手作りスタジオライブもどちらも自分には大事なやり方だな。楽しい二日間でよく酒も呑みました。遅い時間まで付き合ってくれた皆さんありがとう。一人一人中々ゆっくり話す時間なくて、「1対1でしか話せないの?」と嫁に言われますが、頭が悪くて処理速度が遅いので実際は1対1でも話理解できてないところも多いのは悲しいなと自分に対して幻滅しているのでした。
長いのでこの辺でおしまい。

LIVE! TURNCOAT 3月

3月はこれ1本!EXTREAMDIVESの15周年企画に出演、PANICSMILE四国ツアーの愛媛編でもあります。「他」は続報あるのか?ってな感じでご予約お待ちしております。

3/19sun.松山Bar CAEZAR
『EXTREMEDIVES 15周年記念興行』
w)PANIC SMILE/是巨人/TURNCOAT/山本セロ/SPACEGRINDER/他
17:30/18:00¥2,500/¥3,000+1d.

LIVE! ENOUGH in 東京

久しくここでは告知が怠ってましたが、ENOUGHが久方ぶりに東京へ行きますので皆さん予定合わせてライブ見に行ってください。
FNDからリリースした音源も最後のあと少しがまだ残ってます。内容もとても良いので、これまたチェックよろしくお願いします!
因みに今回のライブ、メンツがとてもよくて羨ましい内容。MIDDLEに感謝ですね!ENOUGHも新たにギター槙君がメンバーに加入し4人になってパワーアップしています。昔の二人スタイルが懐かしいですが、形を変えてもそこはそこ、ブレない中身があるのです!GO GO ENOUGH!

3/19(日) “東狂番外地#38”
・ENOUGH(愛媛)
・KOWLOON GHOST SYINDICATE
・threadyarn
・MIDDLE
19:00/19:30
¥1800 inc1D